お仕事探し

仕事で今すぐ使えるスキル

求められるスキル

履歴書

管理能力は必須

業界のトレンドとして、近年は小規模プロジェクトの発足が非常に目立ちます。それに伴い、プロジェクトを円滑に進めるための管理者が必要です。一口に管理者といっても、コミュニケーション能力管理、技術力、予算管理能力と様々です。自分の考えやアイディアを全面に出す人は採用されやすいです。

カスタマースキルも大切

ほとんどのIT企業は、一般顧客向けにサービスを展開しているため、利用者の声を直に聞き、対応することが求められます。指摘された中で、自分たちができることが明確になり、より良いサービスの提供が実現します。そういう面で活用するためにもカスタマースキルは誰でも身に付けておくべきです。

プログラミングのスキル

アプリ開発に直接関わらなかったとしても、プログラミングスキルはあったほうが無難です。なぜなら、ITでは実に多くのプログラミング言語が出てくるからです。複数を頭の中に入れておけばプログラマーや、開発者とのスムーズなやり取りが実現し、より良い人間関係を築けます。

ネットワークスキルを身に付ける

ネットワークエンジニアじゃない場合も、活動範囲は大変広いので完全に関わらないということはありません。交通網や、Wifi、行政、銀行等の大きなネットワークから社内や店舗内などの小さいネットワークまで多く存在します。ITに携わる以上全く知識がないというわけにはいきませんから、基本的な部分は身に付けておくべきでしょう。

応募数が多い業種と年収

ITコンサルタント

IT業界で最も稼げるのがコンサルタントです。クライアントの経営課題を独自で開発したシステムやサービスを使って改善していくもので、年収は600万円から700万円近くあります。能力が高い人は、1000万を稼ぐ夢のような仕事です。

webデザイナー

HP制作を手掛けるウェブデザイナーは、快適に使えるように操作環境を設計し制作をする仕事です。webデザイナーに限っては、定義が甘くあやふやな部分がありますが、今後顧客満足度のアップに努める会社も多くなると予想されるので求人も多く出てくるでしょう。年収は平均で300万円から400万円です。

プロデューサー兼ディレクター

プロジェクトをまとめる重大な位置にいるプロデューサーとディレクターは、IT業界でも実力が問われる業種になります。年収はおよそ500万前後で、技術と現場での経験を積みながらステップアップします。どの業界でも必要とされる人材なので、稼ぎも安定しています。

プログラマー

平均年収は300万円から500万円で他と大差ありません。ただし、プログラマーの場合、業務内容と忙しさで大きく変わります。また、プログラマーの場合だと残業する確率が高くなるので、就職する前に残業代が支払われるかどうかチェックしておいた方がよさそうです。

システムエンジニア

システムの設計及び開発を手掛けるシステムエンジニアの年収は、スキルと能力で大きく差が出ます。専門学校を卒業したてのころは一般サラリーマンと同じですが、経験を積み結果が残せれば月収は80万円に及ぶでしょう。優秀な人なら20代で年収800万円も夢ではありません。

広告募集中