お仕事探し

就職までの流れ

レディ

書類選考に突破する

ある会社の話では書類選考で必要条件を満たしていても光るものが感じられなければ書類審査を突破するのは難しいとの事です。光るものとは資格を数多く持っていること。つまり自らすすんで勉強する姿勢が見えると、会社のために頑張ってくれるのではないかと期待されます。また、自分で作ったアプリがいくつかあるならぜひ書類でアピールしてください。採用される確率がグッと上がります。

一次審査

実際にIT企業へ行き、採用担当者と現場の技術者と向かい合わせになって話をします。この時間は学生時代に何をしてきたか、ITの仕事について理解をしているか等をみていきます。一次審査に合格するためにも自己分析と企業研究は入念にしておきましょう。

いよいよ最終面接

最終面接では、企業の社長と役員が対応します。面接中に判断することは、会社と応募者の間に価値観のズレがないか、仕事に対し熱意をもっているかです。書類選考と一次試験が通った時点で会社側は「この応募者となら仕事をしてみたい」と軽く認めている状況なので後は自分自身をしっかりアピールすることを忘れなければ採用されるでしょう。

合格に向けてのアドバイス

質問の意図を理解する

限られた時間の中で「会社に適している人材か」という部分を判断するので、聞いた内容について瞬時に理解する回転の良さが必要です。また質問の意図に対し、適切な回答ができないとコミュニケーションを取るのが苦手な人と認識されマイナスポイントになります。

自分で組み立ててみる

あまりの緊張に、面接官が投げかけた質問に何も答えられず、あたふたしてしまったという経験者は多いはずです。面接官はプロではないので、答えやすい質問を投げ続けるとは限りません。しかし、自身が持つ強みや特性をうまくアピールしながら回答すれば面接官は次の質問を考えることが多くなるでしょう。このようにして主導権を自分で握れば面接も容易い御用です。

能力と経験を見られている

全く未経験のままIT業界に飛び込む場合、自分が持つ能力とスキル、強みを全面的にアピールすることが大切です。新しい仕事を通して何を覚えて実行したいのか、課題を自ら発見し、解決する力をもっているか、業務に必要な情報を的確に探し当て、収集できるかが採用基準になります。IT業界は変化が大変多いので、新たに必要な能力が次々と出てくるでしょう。それらに対応できるガッツがあれば、面接官も興味をもってくれるはずです。

自分の性格を説明する

仕事の面ではスキルと能力、適応力が必要ですが自身の個性を面接官に伝えることも重要です。学生時代に行なっていた様々な活動や、社会経験で自分がどれだけ成長できたか話せるようになるとgoodです。イマイチ自分の人格が分からない場合は、家族や友人、知人に直接聞いてみるといいでしょう。

熱意は大切!

面接は、いかに自分の印象を残せるかにかかっているので、仕事への熱意と目の輝きは忘れたくありません。全く関わったことがない仕事でも興味津々で、意欲的ならば能力や経験があっても前者を選ぶに違いないでしょう。ただやる気を見せるのではなく、企業を研究し、熱意をうまく伝えるための事前準備がしっかりしていれば面接合格も夢ではありません。

「風土」が採用の決め手になる

自社の風土に合うかどうかも、合否を決める時の重要なポイントになります。例えば、スキルがある人物でも自社に馴染めなければいい仕事はできません。対して、スキルや技術はないが、会社の風土にマッチしていれば伸び伸びと成長できます。

働く前に気になる事

面接の練習は必要ですか

ある程度は必要かと思います。最近、求人サイトでも面接の練習をお手伝いするサービスがあるので、事前練習にはもってこいですよ。ぜひ活用してみてください。

質問内容を事前に知っておきたい

webサイトでも面接時の質問等を紹介していますが、面接サポートでも、それらに基づいて受け答えの練習ができるので、面接前の対策ができます。

未経験ですが採用されますか

本人にやる気と根性があれば採用されるでしょう。しかし、ある程度の経験とスキルがある方が採用される率は上がります。少なくとも人並み程度のパソコンスキルはほしいですね。

前職の経験は生かせますか

はい。もちろんです。前職が営業でもそこで培ったコミュニケーション能力を役立てることができます。採用者の中にも別の仕事で経験を積まれた方が多いので大丈夫でしょう。

コミュニケーションが苦手でも入れますか

チームで協力し合いながら案件をこなしていくので、業務連絡や提案をする時は積極的に絡んでいく必要があるでしょう。ただ業界でバリバリ活躍する人の中には苦手な方はいるので問題はないように感じます。

広告募集中